お知らせ・ニュース

2018年01月10日

11・3憲法集会in京都

憲法手帳でアピール 発議させない運動を
11・3憲法集会in京都

国民世論は9条改憲望まず

11月3日、円山公園野外音楽堂で、「憲法9条京都の会」と「安倍9条改憲NO!全国市民アクション・京都」が共催で「安倍9条改憲NO!11・3憲法集会in京都」を開催。2400人が参加しました。
総選挙の結果は、自民、公明で国会の3分の2を占め、改憲勢力が議席を大きく占有しました。しかし同時に、市民と野党の結束は揺るがず、共闘勢力は議席を倍に伸ばしています。
集会では、憲法学者で九条の会世話人の山内敏弘さんが登壇。改憲勢力が多数を占めたなかで、各社の世論調査を示し、多くの国民は9条改正を望んでいないことを指摘しました。「多数となっている反対世論と国民の意思をさらに高め、改憲発議させない運動を起こそう」と訴えました。

改憲阻止へ3000万署名を取り組もう

 集会後のデモ行進では、市職労組合員が憲法手帳を配りながら、「京都のお土産に憲法手帳」「憲法を一緒に守ろう」と市民や観光客にアピールしました。
この日は全国各地で行動が行われ、国会前では4万人が集まりました。3000万署名を成功させ、改憲発議を許さない運動に取り組んでいきましょう。