お知らせ・ニュース

2019年02月14日

【ザ・しょくば】2019.2.11

ちょっと聞いてほしい!自衛隊の勧誘で怖い思いをした!▼息子が海上自衛隊を見学するため、舞鶴へ行った。自宅に帰ってくると、自衛隊から郵便物が届き始めた。「これ、切手がないのになんで届いてるん?」。つまりは、誰かが直接自宅のポストに入れたということ。かといって、舞鶴からわざわざ京都市内まで届けに来るわけはないであろう。「なんか気味が悪いなあ」。▼ある時、玄関を出ると、近所に見慣れない車が止まっていた。明らかに自衛隊の車。しかも、自宅の玄関の様子をうかがっている。すぐ息子に「今、家を出たらあかんで」とLINE。アンケートと称する入隊の意思確認を無視していたから、直接会う手段を取ってきたと思われる。「勧誘じゃなく強制やん」、「こんなことまでするなんて怖い!」。▼息子は、見学に軽い気持ちで行ったのであろうが、その時の情報は私たちの思いもしないところにまで飛び交っているのだ。相手が見えないから恐怖でしかない。自衛隊だからどんな勧誘をしても許されるのだろうか。▼『京都市は、18歳、22歳になる住民の個人情報を自衛隊に提供することを決めた』ことが話題になっている。市長のいう自衛隊に賛成か、反対かで物を申しているのではない。一方的に個人情報を提供することで、希望もしていない自衛隊から勧誘を受けた人は、誰もが有する職業選択の自由を奪いかねない行為につながる恐れもありそうで怖い。 (男前好子)