お知らせ・ニュース

2020年01月08日

職場を変えるには? 要求の見える化から

職場を変えるには?
要求の見える化から
本庁協議会

 市職労本庁協議会は、12月11日のお昼休み、分庁舎にある都市計画局、建設局を中心に京都市長選挙を機に、どんな市政に変えたいか、要求の見える化の取り組みを行いました。
職場を訪問して、「こんな職場がいい」「こんな市政で働きたい」という職員の思いをリンゴの実に見立てて付箋に書いて貼り出し、「そのために必要なこと」を木の根(養分)に見立て、付箋に書いてもらい「要求の木」に貼り出しました。
働きがいがあって、安心して働き続けられる職場にしていくために、組合員一人ひとりの思いにこだわり、要求として見える化をはかろうというもの。職場の要求に根差して、京都市長選挙の取り組みをすすめていきます。