お知らせ・ニュース

2019年05月23日

第90回全京都統一メーデー 働くものの団結で生活と権利、平和と民主主義を守ろ

第90回全京都統一メーデー
働くものの団結で生活と権利、平和と民主主義を守ろ

 5月1日、第90回全京都統一メーデーが開催され、会場となった二条城前広場には、様々な産業、団体から1万2000人が集まりました。大型連休の最中でもあり、子ども連れの参加者も多くありました。小雨の降るなか、元気よく京都市内を行進。各支部が工夫を凝らした横断幕やプラカードで、市民や観光客にアピールしました。
メーデーは世界の労働者が連帯し、労働者の権利、国際平和の要求を掲げる労働者の祭典。その起源は、労働時間短縮のたたかいでした。1886年5月1日にアメリカの労働組合が、8時間労働制を要求してストライキやデモを行ったことがはじまりです。
長時間労働や過労死が問題となっている日本の社会。人間らしく働くことができる職場や社会をつくるために、要求運動を進めていきましょう。