京都市職労ホットライン

新春 文平の折り込み川柳


新春 文平の折り込み川柳


−インデックス−
2013年1月
今年は「蛇」の年。折り込み川柳を作るのに「へび」二文字では作りにくいので「みどし」または「スネーク」あるいは「スネイク」とします。文平
・実(み)る夢 ど(ど)の細胞も 初(し)期化する
 2012年はほんまにええ話がなくてネタに苦労する。その中でも山中先生のノーベル賞はうれしかった。細胞を初期化すれば体のどの部分もつくれる。再生医療の夢がかなうのだ。
・短(み)かけりゃ ど(ど)うして継げる 師(し)の心
 その山中先生はNHKテレビ番組で「今、iPS細胞研究所は正社員、1割しかいません。9割は有期雇用の方ですので、非常に不安定」と言われ非正規の人たちにも心を向けておられる。短い研究期間では、りっぱな先生の思いを継ぐのも困難ではないか。
・素(す)顔消す ネー(ネー)ミングの党 暗(く)い闇
 昔は社会党・共産党のようにとにかく「主義」を「党名」にするものだった。新党ブームの中で「イメージ」を「党名」にするものだから何をやる党かわからない。名は素顔を表さず。
・過(す)ぎし日を ネ(ね)グレクトして いく(いく)さする
 過去の戦争体験を知らない国民がほとんどだ。戦争の教訓を、憲法9条を無視して日本を再びいくさをできる国にする動きは愚かなことだ。
・見(み)苦しい 独(ど)裁コンビ 支(し)離滅裂
 東と西の独裁的首長がコンビを組んだある党は、原発やTPPなど主要政策で食い違い。週刊誌で「互いにそっぽを向いているジャイアンとスネ夫」と皮肉られている。
・見(み)上げれば ド(ど)キドキします 幸(し)せに
 2012年のまだしも明るい話が世界一の展望タワー東京スカイツリー開業。この川柳はそれをうたったものだ。と思ったあなたは考えが浅い。組合チックにひねらなあかん。これは、バイバイ原発集会で「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」を円山公園音楽堂舞台上で歌い踊るアイドルグループ「制服向上委員会」をうたったものなのだ。
ページの先頭へ